キューフィルは、理容・美容室のオーナーが展開するメディアサービスです。

ハゲを気にする同級生たち

40歳以上ともなった男性では、同級生でも一回り以上も違って見えることがよくあります。

先日、本当に驚いてしまったのです。彼は自分の1つ上だったのですが、パッとみて60歳ぐらいかと思ってしまいました。

こんなにふけて見える原因は大きく分けて2つあるそうです。

1つは、お腹の周りの脂肪、いわゆるメタボ体形、太鼓腹ですね。
その人も昔よりもかなり太っていました。

そしてもう1つは、はげ、薄毛です。髪がひょろひょろとチカラがないのです。

幸い僕の髪の毛は、昔に比べると細くて柔らかくなっけれど、全然薄毛ということではありません。

それなので髪の毛については無頓着で気にも止めていません。
本当は髪のことも気にして手入れをしないといけないのですが、まぁいいや的な感じなんです。

でも、やっぱり、髪が少なくなってくると切実な思いにかられるのでしょう。

同級生にも、育毛シャンプーを使ったり、育毛剤をつけたり、育毛サロンに通ったりしている人も多いです。

また、クリニックでプロペシアを飲んだり、通販でフィンペシアやミノキシジルタブレットを買っている人も人もいます。

そんな邪魔臭いことをするぐらいなら、かつらでもかぶればと思ったりしますが、自分がもっと薄くなったら、やっぱり育毛剤をつけるかもしれないですね。

最初のコメントをしよう

必須