シャンプー・リンスが抜け毛・薄毛の原因

ブログ
この記事は約 2 分で読めます

抜け毛の多さに悩んでいる方は大勢います。このままどんどん薄くなるのではないかという恐怖心をもっている人も知っています。

 

ちょっと心配しすぎです。かえってストレスになって育毛に良くないよと言うんですが、困ったもんです。

ここでは抜け毛予防の1つとして抜け毛になる原因を知ってみましょう。

 

男性なら毎日行うシャンプーとリンスについてです。

 

シャンプーイラスト

ほとんどの人は髪の毛を毎日洗うはずですよね。

特に男性は汚れやすいので毎日洗わなくてはいけません。

そのキレイにする為のシャンプー・リンスが抜け毛の原因になってしまうこともあるということはご存知でしょうか。

 

シャンプーやリンスの種類によっては石油から作られている物が多くあります。

これらは界面活性剤がベースになっている為に、頭皮の奥の方までシャンプーの洗浄剤が浸透する性質があります。

 

もちろん薄毛とは無縁の人たちにとっては、綺麗サッパリと洗い落とせて気持ちいいかもしれませんが、元々薄毛体質の方にとっては薄毛を誘発することになります。

頭皮が傷ついちゃうんですね。

 

毛根周辺の細胞にダメージも加わることにもなるのです。

毛乳頭細胞が損なわられ、結果的に抜け毛が増えることになりかねません。
そのため、あなたが抜け毛・薄毛の可能性があるのでしたら、石油系のシャンプーは使わないようにしましょう。

 

高級アルコール系シャンプーも石油系になりますので注意しなければなりません。

最近は、テレビや雑誌でシャンプーが取り上げられることが多くなったので、天然素材のシャンプーがいいということは皆さん知るようになりました。

 

少々高めですが、よく売れているそうです。ほんとうにたくさんの種類が発売されています。

髪の毛や頭皮に対して良い成分も補給してくれるので、髪が生えやすい環境を作ってくれると思いますね。

 

次にリンスについて書いてみましょう。

 

リンスは油分が多少なりとも入っていますので、地肌につけないようにしなければなりません。

 

リンスは髪に良いものですが、頭皮につけるとトラブルの元です。

かといってどうしても頭皮についてしまうでしょう。

 

そのため、シャンプー同様すすぎはたっぷりと入念におこないましょう。

 

シャンプーもそうですが、リンスの時も香りを残しておきたいということで、あまり洗い流さない人も見受けられますが、必要な成分はもう髪に付着していますので、たっぷりと洗い落とすようにしてくださいね。

 

リンスを使う時にはしっかりとすすぐ事を心がけることも抜け毛予防になります。

関連記事
  • 26歳生え際が後退してきたので

    まだ26歳なのに生え際が後退してきた人が相談にきました。父親はM字ハゲなので、将来自分もそうなるのだなぁと思っていたそうですが、まさかこんなに早くやってくるとは...

    2018/06/22

    ブログ

  • 気になる人気育毛剤の効果や評価

    昔の育毛剤は血行促進に重きを置いて、刺激を与えれば良いというものばかりでしたが、最近の育毛剤は刺激がないです。口コミ等を見ると評価が分かれてますが、今度はチャッ...

    2018/06/22

    ブログ

  • なぜ、毛が抜けるのか?

    髪の毛には、ヘアサイクルがあって、寿命がきたら自然と抜けるものなのです。抜けたら、また次の新しい髪の毛が生えてきます。抜け毛が増えて薄毛になる原因は、正常なヘア...

    2018/06/22

    ブログ

  • ハゲを気にする同級生たち

    40歳以上ともなった男性では、同級生でも一回り以上も違って見えることがよくあります。先日、本当に驚いてしまったのです。彼は自分の1つ上だったのですが、パッとみて...

    2018/06/22

    ブログ

  • シャンプーで発毛を促進できるの?

    シャンプーはあくまで頭皮を清潔に保つため、髪が生えやすい環境をつくるためです。頭皮ケアに有効なシャンプーの方法は、頭皮だけを動かすマッサージで優しく指の腹で洗う...

    2018/06/22

    ブログ

  • 初めての育毛剤を選ぶ注意点を調べました

    育毛剤は私にとってどれがいいのかわかりません。育毛剤を初めて使う時の注意点としては、頭皮が育毛剤などに慣れていないので、あまり刺激の強い育毛剤を選んではいけない...

    2018/06/22

    ブログ

コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

トラックバック
トラックバックURL